「UNLEARN」できますか

この「UNLEARN 」という言葉、みなさんご存知ですか?

学ぶという意味の LEARNの前に UN があるので

学び直し、学びほぐし、などの日本語訳になるようです。


これがビジネスの場面で使われる時は、

時代が求める新しいスキルを身につけるには、

まず古い固定概念や当たり前にルチーンでやっていることを

一度リセットしないと、そこに新しい物ややり方が導入できない、

という概念です。


シンプルに新しいことを初めて学ぶ以上に、

知っていることを自らリセットするって、実はとっても難しくないですか?

今まで正しいと思っていたことを、冷静に見直して、捨てるって

とっても勇気がいりますよね。




最近、私自身のスピリチュアルアセスメントをしてもらう機会がありました。

そこで聞けた、私の今世での学びのひとつが、

「自分と他人を比較しない、自分を許す、そのままを受け入れる」

ことだと伝えてもらいました。


ここから私のUNLEARNが始まりました。


「比較しない」って、でもA(自分)とB(他人)と比べないと、

どこが良いか悪いかわからなく、悪いところをどう直すかわもからないくない??


「自分を許す」って、なんか緩くっていいのかな??


「そのままを受け入れる」って、だって今のままではダメダメなのに、

それじゃあますますダメじゃない??


こんな調子で、自分の中の確かな部分がグラグラに揺らされるようで、

めまいがしました!




この体験から、二つの貴重な学びがありました。

ひとつは、UNLEARNのプロセスは想像よりも難しい取組みであるということ。

そしてセッションを受けてくださったシッターさんは

セッションが終わった後に、多かれ少なかれ、

心を揺らして日常を過ごされるということ。

だからこそ、セッションはポジティブなものであることの重要性も

改めて認識しました。




そう、 UNLEARNは難しいのですが、例えば、

上手く過ごすために身につけてしまったクセ

歪んだ思い込み

苦手なことを感じないように身につけた殻

疑いなく正しいと思い込んでいるロジック


もしかしたら、勇気を持ってリセットしても良いものかもしれないです。

そうすることで新しい発想、新しいやり方、新しい見方を取り入れることができるかもしれない。




ん??でもこれだと「新しいものは良い」という私の古いロジックに執着しているのかも!?

そんなわけで私の UNLEARNのトライアルは、今年の夏休みの宿題になりそうです!


Ryoko


13回の閲覧0件のコメント