• May

言霊(ことだま)

言霊(ことだま)


日本には古代から、言葉には神秘的な力が宿っているという言い伝えがあり、この力は言霊と呼ばれています。


私達が発する日本語の音の1つ1つにエネルギーが流れています。

言葉を聞いて嬉しくなったり、悲しい気持ちになったりするのは何故でしょう?


感情(心)に響くその言葉の正体こそが、話し手の魂から発せられるエネルギーなのではないでしょうか。


” 神秘的な力と霊的な力”


上古代と呼ばれていた時期に日本語の原点を生み出したとされる48音の音があります。

カタカムナ文字です。「カタカムナ言霊の超法則」(吉野信子著)によると、『ありがとう』の言葉の中には、次のような思念(エネルギー)が流れているそうです。


ア 感じる、生命

リ 離れる

ガ 内なる力

ト 統合

ウ 生まれ出る 


→感じる離れた内なる力との統合が生まれ出る


相手の心との統合が生まれる──つまり、話し手が相手の気持ちと同じ気持ちになるので、話し手も相手も双方に心の平安が生まれ心地よい状態になります。お互いを尊重している素晴らしい言葉だと思います。


このように言葉の音は1つ1つにエネルギーを持ち、話し手の心の様子(魂からのエネルギー)までも音に乗せて相


手に運んでいきます。そして、話し手と聞き手の双方の言葉のエネルギーが共存、調和し、その場のエネルギーを形成しています。


それはまるで音楽を奏でるときのハーモニーのように・・・。


どんな言葉を話す時も、話し手の魂からのエネルギーが流れていることを忘れないで下さい。普段私たちが言葉を使う時、相手にどのような思いを伝えたいのか、どのような場にしたいのかを考え、心地の良いエネルギーを循環していきたいですね。


たとえ、自分の発するエネルギーが一方通行でも、見返りを求めず慈悲の心を持つことが大切です。


私は日々の瞑想で、神から頂いた自分の中心にある愛を意識して、心地の良いエネルギーを流せるように努めています。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

魂の雫