• 管理人

瞑想のすすめ

「スピリチュアルなことに興味はあるのですが、どうやってその能力を開発したらいいですか?」

こんな質問をよく受けます。

世の中はビジネス・スピリチュアルが流行っています。スピリチュアルな能力を生かしてビジネスを広げよう!なんて広告がFacebookにもよく見られるようになりました。ビギナーから手っ取り早くプロとして活躍できます!みたいな広告もそこいら中にあります。

確かに、ちょっと繊細な人であれば、テクニックを学ぶことですぐにミディアムやらヒーラーになれるかもしれないですし、その可能性は否定しません。

イギリスの師匠は、私に、「普通のミディアム」ではなく「良いミディアム」になりなさい、と何度も言いました。何が良いミディアムか、理解できるようになったのはだいぶ後のこと。良いミディアムとは何か、についてはいつかお話しするとして。


ミディアムになりたい方の「基本のキ」は、実は、瞑想です。

それも、一般的な瞑想とはちょっと違うかもしれません。

その瞑想を、Sitting In the Power(シッティング・イン・ザ・パワー)と言います。

自分のスピリット・ガイド(指導霊)のエネルギーと繋がる瞑想です。英国アーサー・フィンドレイ・カレッジの先生方皆、例外なくこの瞑想法をしています。どんなプロであろうと、これが基本。やればやるほど、愛のエネルギーの感じ方も変わってきます。

ミディアムになりたいという人だけでなく、そういったものに興味がない人にも、心の平穏を保ち、前向きになるエネルギーを受け取るのに、この瞑想法はとても役立ちます。

「スピリチュアリズムの部屋」では、セッションメニューに「誘導瞑想」があります。私たちの誘導に従って、心静かに、素晴らしいエネルギーと繋がるSitting in the Powerの経験をしてみませんか?


スピリチュアリズムの三大霊訓の一つ、「シルバーバーチの霊訓」の中で、高級霊シルバーバーチの語る言葉をご紹介しますね。

「あなた一人の魂の静寂の中に引きこもることです。一切の世間的喧騒を忘れ去ることです。そして身の回りに彭湃(ほうはい)として存在する霊的生命の幽(かす)かな、そして霊妙なバイブレーションを感得なさることです。そうすれば人間が物的身体を超越できることを悟られるでしょう。知識に目覚めることです。理解力を開くことです。いつまでも囚人であってはなりません。無知の牢獄から抜け出て、霊的自由の光の中で生きることです。」

それでは!

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示