top of page
  • Chinatsu

肉体の歳・魂の歳

私たちがいう「年齢」とは、一体何を指しているのでしょうか。

実はこれ、「肉体の年齢」を指しています。

”おぎゃー”と生まれてから一年が経つと1歳。10年が経つと10歳というように、大方平均して成長する肉体の歳を指しているんですよね。


これは言わば自動車や建物といった物質と同じ。

車も新車から5年、10年と乗り続けているとオイル漏れしたり、タイヤがパンクしたり、エンジンが故障したり、塗装が剥げてきたり。その度に修理したり、メンテナンスしたり。

物質は年数の経過と共に大方同じように成長し、やがてその寿命を向かえます。


しかし「魂」はと言うと、年齢があるとすれば、これは肉体の年齢とは別ですね。

肉体のように、一年経ったから1歳になり成長すると言うものではありません。

その証拠に、何十年生きても我がままな人、人の気持ちが分からないままの人、自分勝手な人もいますし、かと思うと4、5歳ぐらいでも、思いやりがあって周りに気を配れる子もいます。赤ちゃんや子供の頃は肉体が成熟していないが為に、その表現方法が未熟なだけです。



ではこの魂の成熟度の差はどこからくるのでしょう。


これは前世からの経験の差といえるのではないでしょうか。

つまりは前世で学んできたことの蓄積の差。

親子でも子供の方が精神的にずっと大人で理性的で、子供から学ぶ事が多いご家庭などをよく目にします。


この場合、子供は親よりもこの世に生まれたのは後ですが、「魂」は親となった人よりもずっと先輩であり、それだけ魂の上では経験が豊富であるという事が言えます。

そしてこの魂の成長は、皆平均して成長するものではなく、人によってはずーっと停滞したままだったり、マイナスに転じたり、急激に成長する人もいたり…と十人十色。

また物質である肉体と違って「魂」には寿命が無く、永遠に存続するものであって、平等に進化・向上の道が与えられています。


私はこの事に気づいてから、人をいわゆる年齢や、その人がまとっている物で判断したりすることを止めました。人間の本質である「魂」を見るようにすることで、本当のその人が視えてくるのですから。


ともあれ、瞬間湯沸かし器のように感情が突出する私は、魂の上ではまだまだ未熟なんだろうなと思う今日この頃です。


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page